ロイヤルハニー ポイントプレゼント

EDと薄毛に関連性はある?


EDと薄毛は、どちらもテストステロンという男性ホルモンの影響を受けるので、関連性があります。 テストステロンの分泌量が減少するとEDになる可能性が高いですが、分泌量が増加することで、必ずしも髪に悪影響があるわけではありません。 その理由は、5a還元酵素と受容体の数が髪に大きな影響を及ぼすからです。





EDと薄毛の関係について


EDと薄毛は、どちらも「テストステロン」という男性ホルモンの影響を受けるため、深い関連性を持つ症状です。 テストステロンは男性らしさを形成するホルモンなので、体内の分泌量が減少すればEDになる可能性が高くなります。 ただし、薄毛は体内のテストステロンの量によって症状が現れるわけではありません。



EDとテストステロンの関係性


EDになる原因のひとつが、テストステロンの分泌量の減少だと考えられます。 テストステロンの分泌量が少ない人ほど、重度のEDである確率が高いという報告もあり、テストステロンは勃起をするために必要な物質だからです。
EDになる原因はテストステロン分泌量の減少だけではありませんが、上の文献になるように、男性にとって大切な物質であることに変わりはありません。



薄毛とテストステロンの関係性


体内にあるテストステロンが毛乳頭細胞に運ばれると、さらに強力なジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化します。
ジヒドロテストステロンの働きは、次のガイドラインに書かれているように、毛母細胞の増殖を抑えて、髪の成長期を短くするというものです。
毛母細胞の増殖が抑制されれば、細胞が髪を成長させる働きは低下します。 そして、髪の成長期が短くなれば、髪が成長できる余地がなくなり、薄毛になる可能性が高くなるでしょう。
テストステロンは、髪を成長させる細胞に働きかけるジヒドロテストステロンに変化するため、薄毛と関係があると言われています。



テストステロンは薄毛の直接的な原因ではない!


テストステロンが変化したジヒドロテストステロンは、薄毛の原因となる男性ホルモンです。 しかし、テストステロンが直接的に髪に悪影響を及ぼすわけではありません。
その理由は、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するためには、5a還元酵素という酵素が必要だからです。

つまり、5a還元酵素という酵素が多くなければ、薄毛になる可能性は低いと考えられます。 また、男性ホルモンの髪への影響は、男性ホルモン受容体の数に左右されると言われているので、体内のテストステロン分泌量は大きな影響を及ぼさないでしょう。



EDと薄毛に関連性はあるがテストステロンの髪への影響は少ない


EDと薄毛は、どちらもテストステロンという男性ホルモンの影響を受けるため、関連性がある症状です。 テストステロンの分泌量が減少するとEDになる可能性が上がります。

しかし、薄毛には5a還元酵素と男性ホルモン受容体の数が大きな影響を及ぼしているので、テストステロン量の増加は直接的な原因ではないと考えられます。 そのため、テストステロンの分泌量が増加したことで、必ず薄毛になるわけではありません。




  • ETUMAXロイヤルハニー送料無料
  • 全商品ETUMAXロイヤルハニー
  • ETUMAX男性用ロイヤルハニー
  • ETUMAX女性用ロイヤルハニー
  • ロイヤルハニー セール

コンテンツを見る

ETUMAXロイヤルハニーの偽物にご注意ください

ロイヤルハニー公式通販サイト ヤフオク

ETUMAXロイヤルハニーとは

ロイヤルハニー公式通販サイト DHL国際エクスプレス便について

ETUMAXロイヤルハニー公式インスタグラム


ETUMAXロイヤルハニー公式YouTubeチャンネル


ETUMAXロイヤルハニー公式ツイッター


コンテンツを見る