ED発症のリスクとなる「睡眠」


EDの大きな要因となるのが、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と寝不足です。
SASになると体内の酸素が不足するため、夜間勃起がなくなり、勃起のための機能が低下します。
また、男性ホルモンであるテストステロンは眠っている間に分泌されるため、寝不足になると体内の量が減少します。
眠りが原因で勃起障害になっている場合、眠りを改善することが最善の策です





EDは睡眠中に原因があった?


睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、眠っている間に無呼吸状態を繰り返すことですが、EDの原因のひとつです。
「ED診療ガイドライン2012年版」には、性機能とSASの関係性について、次のように記載されています。


欧米での報告ではED患者1,025名のうち,apnea index 5以上の軽度の睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome: SAS)の合併率は43.8%,apnea index 15以上の中等度以上のSAS の合併率は19.6% を占めていた。一方で,SAS のうちIIEF で25点以下のEDの合併率は68.8%,またSAS がないとEDの合併率は34% であった。

出典:ED診療ガイドライン 2012年版_Mindsガイドライン


ガイドラインに書かれているように、SASとEDが合併する確率はかなり高いと言えます。
また、SASでは射精障害や性欲低下も引き起こされるため、勃起障害だけの問題ではありません。

ガイドラインによると、勃起障害とSASの関連性は明らかになっていません。
しかし、体内の酸素が減少することで、陰茎海綿体に血液が流れこみにくくなり、レム睡眠のときの勃起がなくなることで、勃起するために必要な機能が低くなるからだと考えられています。



睡眠不足によるテストステロンの減少


テストステロンは勃起するために必要な男性ホルモンですが、睡眠が不足すると、体内のテストステロン量が減少すると報告されています。

睡眠不足やストレスの増加が低テストステロンにつながることが報告されており,メタボリック症候群の因子が増加することによりテストステロン低下を来すことが報告されている.
出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpnjurol/109/1/109_20/_pdf/-char/en

寝不足はテストステロンを直接的に減少させますが、テストステロンの分泌は眠っているときに行われるため、睡眠時間が不足することで、分泌されなくなるためだと考えられます。



睡眠が原因のEDを改善するためには?


EDを改善していくためには、眠りの質を向上させること、眠っている時間を長くすることなどが大切です。
眠りが原因で性機能に障害が起きている場合は、治療薬などを使わなくても、睡眠を改善するだけで症状が治まる可能性もあります。

眠りにつく前には、スマホやパソコンを見ない、照明を暗めにする、入浴するなどの対策が効果的で、深酒は控えるようにしましょう。

また、寝不足で減少したテストステロンを増やすには、トンカットアリを含む「ロイヤルハニー」の摂取をおすすめします。
トンカットアリは、テストステロンの分泌をサポートすると言われているからです。



EDを改善するには生活習慣の見直しが大切


寝不足や睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、EDを引き起こす原因となります。
寝不足は勃起に必要な男性ホルモンであるテストステロンを減少させ、SASは夜間の勃起を妨げることで、勃起機能自体を低下させるからです。

EDの原因が睡眠であった場合、治療薬を飲まなくても、眠りを改善するだけで症状が治まることもあります。
不足しているテストステロンを増加させるためには、ロイヤルハニーを取り入れてみてはいかがでしょうか。




  • ETUMAXロイヤルハニー送料無料
  • 全商品ETUMAXロイヤルハニー
  • ETUMAX男性用ロイヤルハニー
  • ETUMAX女性用ロイヤルハニー
  • ロイヤルハニー セール

コンテンツを見る

ETUMAXロイヤルハニーの偽物にご注意ください

ロイヤルハニー公式通販サイト ヤフオク

ETUMAXロイヤルハニーとは

ロイヤルハニー公式通販サイト DHL国際エクスプレス便について

ETUMAXロイヤルハニー公式インスタグラム


ETUMAXロイヤルハニー公式YouTubeチャンネル


ETUMAXロイヤルハニー公式ツイッター


コンテンツを見る